Blog

aaaaaaaaaaaaa

大阪市天王寺区の「天王寺動物園」で9日、昨年生まれたホッキョクグマの赤ちゃんの放飼練習が行われ、母親の「バフィン」とともに初めて公開された。同動物園は9日は休園のため、あす10日から一般公開される。同園は今年1月1日で100周年を迎えており、新たな人気者の登場に来園者の楽しみも増えそうだ。【動画】ホッキョクグマの赤ちゃん。初めての外に緊張? かわいいしぐさと外に出た瞬間など映像2つアリ[写真]初公開されたホッキョクグマの赤ちゃん。ヨチヨチ歩きだが母親を前に表情は笑顔?=9日午前11時10分ごろ、天王寺動物園で 鳴き声をあげながらヨチヨチ歩き 同園によると、赤ちゃんが生まれたのは昨年11月25日。長年同園で愛されたゴーゴ(10歳)と母親のバフィン(23歳)の間に生まれ、性別はメスだという。現在の体長は70センチほどで、いつもバフィンに甘えているとか。  9日は降りしきる雨の中での放育練習となったが、すぐに出てきたバフィン 

Read more

Cart

  • Subtotal:
  • $431
View Cart Go to Checkout